がつきのzaregoto

九州・大分の16卒の就活生が就活のこと、大学のこと、働くこと、などなどとりとめのないことを綴っていきます。

幸せは2種類存在する

f:id:lala8136:20161112134956j:plain

どうもがつきです。

本当に最近寒いですね。松本いたときより寒い気がする。それに乗じて人肌寂しい季節も近づいています。

 

目次

 

幸福感には2種類ある

世の中には2種類の幸せがあると思うんです。むしろ、その幸福の求め方は人種分けできるぐらいに。1つは些細なことで幸せを感じることができる人、もう1つは悲観論で物事を考えてなかなか幸せだと言い切らない人。性善説性悪説の対比に近い構図かな。人生がいつもハッピーっていう人と、人生の大半はつまらないっていう人です。

 

些細なことで幸せになれる人

私も最近こっち派の人間になってきました。例えば、今日は晩御飯に大好きなプリンを食べれて幸せだとか、いつもの通勤の電車にイケメンがいてテンション上がったとか、人によってはどうでもいいことですが、その人にとっては幸せになる要素がある瞬間なのです。

このタイプの人は、幸せの沸点が低いと思います。「はっ?プリンごときで幸せになれんの?銀座や六本木で高級ディナー食べないと、晩御飯とは呼べないわよ」「電車でイケメンを見たですって?本当のイケメンは都内の一等地にタワーマンション買ってくれるような男よ!」なんて人もいるかもです(沸点が高い人がみんなこんな訳ではないと思いますが)。つまり、身近な些細な事に喜びを感じることのできる感受性の強い方とも言えるでしょう。

 

夢追い型の人

幸せの沸点が低い人と対極にあるのが、夢追い型の人だと思います。私は元来このタイプです。

このタイプの人に関してはいろんな議論があると思います。「夢ばかり語って何もできない」「結局口だけでしょ」みたいな人もいるかと思います。しかし、本当の彼らは強い精神力があります。自分の夢や目標のためであれば、目の前の誘惑や欲求をすべて遮り我慢することができます。未来のために今の自分を投資することができる人です。それがゆえに、今目の前にある些細な幸せが転がっていても、たとえその先が茨の道であっても、見向きもせず自分の道を進むことができるのです。

 

折衷案ではなく、両者併用すること

今まで私は後者のタイプだったので、前者のいつでもハッピーみたいな人を見下すこともありました。ただ、ここ数年で前者の生き方の人、後者で自分よりも圧倒的に壮大な夢を掲げ実行する人をたくさん見てきました。

結論として、どちらも兼ね合わせる人が一番強いのです。遠い未来のために行動し、日常の満足度を上げる。両者は矛盾する相容れない関係ではありますが、今と未来という時間はつながっているゆえに、両者が相関する関係でなければならないのです。今は未来の自分の幸せを支えるために存在し、将来の自分は今の自分がベースとなって決まる。その一方で、今の幸せを求めない人が人間として深みのある人間と呼べるのでしょうか。

 

 

さえりさんの「なんでもいいから生産しな。生産は心にいいぞ」から思うこと

どうもがつきです。

松本での出張ももう終わりです。先日の記事でも、松本で働くことの悲喜こもごもを述べました。この3か月いい意味でも悪い意味でも学びは多かったです。

lala8136.hatenablog.com

ですが、改めて終わってみると、なんか物足りなさを感じる出張だったかなと思います。正直、もっとできた、もっとやらなければならないことがあった。でも気づけなかった。

そんなとき、私の心に響いたのがこの記事でした。

 

withonline.jp

 

目次

 

■さえりさんって誰?

f:id:lala8136:20161029140217j:plain

ブログをやっている人では、今知らない人の方が少ないぐらいのさえりさん(@N908Sa)。株式会社LIGという会社でライターとして働いていましたが、今年退職。女性目線のリアルな記事とその美貌も相まって、有名美人ライターとしても活躍中しています。

 

iginc.co.jp

twitter.com

個人的にも記事の内容も面白くて、とても参考にさせてもらっているライターの1人です。いつか会ってみたいな~(笑)←

 

■記事の内容

要約すると、さえりさんが学生時代に落ち込んでいた時に友人から

なんでもいいからいつものプラスαで生産しな。本を読んで感想を書く、料理を作る、外食したらレビューを書く。なんでもいいから生産しな。生産は心にいいぞ」

というアドバイスをもらい、生産することの大切さ、消費と生産のバランスについてまとめています。さえりさんの過去の話も少し掲載されてリアル感があったこと、また文章の流れとしてもまとまりがあり記事として見習うことが多いことなど、自分自身も参考になることが多くありました。

 

■消費にばかり目が行って、生産できていない?

改めてさえりさんの記事を自分事に落とし込めると、生産が本当にできていない。記事中では生産することは、さほどハードルの高いことではないと述べています。ブログを書くこと、料理をつくること、絵を描くことなど仕事としてだけではなく、趣味の領域でも生産はできます。生産というとどうしても堅苦しく聞こえるかもしれませんが、中身はむしろその反対で、やろうと思えば、誰しもが気軽に行えることなのです。

 

ただ、どうしても人間であれば、どうしても消費にばかり目が行ってしまうものです。仕事終わりに自分たちへのご褒美でおいしいものを食べる、休暇で旅行に行く、エステや美容院に行って女子力を上げるなど、その人なりの消費のカタチは様々です。ただ記事内でもある通り、消費ばかりでは気持ちが病んでしまいます。

 

■投資も消費の裏返しになりかねない

さきほど挙げた例の中で思われる方もいるかもしれませんが、「エステや美容院に行くことは、自分の女子力を上げるための行為であって、決して消費ではなく投資だ」と主張する方もいるかなと思います。投資も立派な活動です。自分が提供できる時間、金などの資源をつぎ込んで、自分のさらなる成長に役立てることは素晴らしいことです。

 

しかし、自分のつぎ込んだ資源が役に立たなかったときはどうでしょうか?例えば小学生が勉強することを考えると、勉強する行為自体は何かを生産することではありません。その先のテストなどでいい点をとることが目的となり、勉強する際の自らの時間という資源をつぎ込んでいるのです。もしいい点をとり、自己の目標を達成できれば、投資として正しい行為なのかもしれませんが、逆に自己の目的を達成できないときは、その勉強する行為のためにつぎ込んだ資産は無駄になります(努力は無駄ではないという意見もあるはずですが、この場合はその目標を達成できるかできないかの観点に限る)。投資だと思って資産をつぎ込んだ行為が、消費になりかねないこともあるのです。

 

■自分の生活を見直す

正直、松本に来てからの自分はどうしても消費ばかりの生活でした。もちろん仕事では生産する立場にいるのですが、業務内容や組織文化により生産といっても何か腑に落ちないところはあります。むしろ松本に来てから、先日のブログでも書いたように余暇時間がたくさん増えたにも関わらず、生産する機会が極端に減ってしまいました。特になにか手先が器用で制作物や絵が描けるわけでもなく、副業をやっているわけでもないので、仕事以外で生産できるといえば、手っ取り早いのはブログを書くことかなと思います。でも、それも怠惰気味でした。

 

ですが、さえりさんの記事を読んで、自分の松本での生活が改めて怠慢があり、改善できるポイントが多くあるなと思いました。宅建も終わり、本当に生産できる時間がこれから増えてくると思います。これからの自分に期待です(笑)

そして、こんな素敵な記事を書いてくださったさえりさんに感謝です。

自分のブログ史上一番つまらない記事を書く

f:id:lala8136:20161027003323j:plain

どうもがつきです。

松本で働き始めて3か月。そして、東京に戻るまであと5日。8月にこっちに来て、早3か月。今思い返してみると、あっという間でした。そして、東京で働き始めてから半年と1か月。こちらも思い返してみると、とても密度の濃い7か月でした。東京という名の未知の土地での生活、社会人として働くこと、不動産という自分に馴染の少ない業界での仕事。私は常日頃から一定期間で、自分の進捗状況を図るために自分自身の棚卸をやることがあるが、今回の結果は本当にひどかった。

 

つまらない人間になった

まず自分自身の棚卸ってなにと思う方も多いと思うのだが、そのときで自分自身を評価する内容・基準は異なるが、自分自身の過去の行動・実績・指針に関して自分なりに正しいと呼べるものであったか、現在の自分自身のモチベーションを細かく分析、将来の行動をどのように変えずにやる、もしくは変えていくかを評価することである。正直、自分のネガティブなことにまで直接言語化するので、どんなことがあっても他人には見せることができない。

今回、過去の自分、特に入社してから、それと8月の松本に来る前の自分と比較してどのように変化しているかを考えていたが、結論から言うと「つまらない人間になった」と感じた。

もともと他人を惹きつけるような性格や容姿を持っているわけではないし、なにか奇抜なことをするようなタイプではない。周囲の環境として普通に育てればいいという、今考えると甘えみたいなものがあり、自分なりの圧倒的な個性があるとは思えない。

 

しかし、この数か月でその個性のない自分に拍車がかかっていると実感している。

会社・部署の一員として何をしなければならないのか、学生ではなく社会人として自分で生活していくためにどのように自分自身を管理していかなければならないかを意識するようになった。リアリスト・現実主義とも呼ぶべきだろうか。さらに感情で動くタイプでは全くないので、常に思考を止めず、いまやらなければならないことは何だろうと自分に問いかけることも多くなった。

 

独創性の欠如

現実主義は大いに結構なことだと思う。ビジネスの現場では、理想主義だけでは生きていけない。各個人の考えが実際に具現化できるかどうかを落とし込めるかどうかを、常に検証し続けることこそが、仕事においての重要な要素である。

しかし、今の自分は理想を貫くにはあまりにも行動ができていないと思う。自分の実力不足、周囲の環境への不満、趣向性の違いなど、挙げれば枚挙にいとまがないほどの理由は出てくるが、とりあえず自分自身が、ない。ただ単に作業・業務・命令をこなすだけの人間、歯車の一部。これがいけないことも重々承知している。それでも、ここを抜け出すだけのカードを私は持ち合わせていない。それどころか、ここでそれを抜け出すまでのモチベーションを繋ぎ止める自分自身をイメージできない。この会社に身を捧げること、それは自分の選択肢から消え去った。

 

というのも、自分の頭脳で仕事ができないのが一番辛い。しかも営業に興味がない。営業は自分の工夫を反映できる仕事ではあると思うが、不動産の営業には実際にやってみてより一層興味が無くなった。不動産の営業では、販売・仕入れのどちらの立場でもルーティン的な作業が多い。両者には確かに志向性の違いはあるが、自分自身で工夫をできるものが少ないと感じた。

 

自分の履歴書を考えると、全然面白くない

話は戻って自分自身の棚卸になるが、棚卸の目的としては自分自身を再認識することとこれからの自分のベクトルをどこに向けるかを整理することである。

はっきり言うと、この7か月間では何か爪痕を残せたかというと、全くない。特に結果がないのは辛い。業種として1年に一度契約があれば御の字と呼ばれる相場であり、上司としても結果を期待していない感が強い。もう誰のために仕事しているのか、何のために仕事しているのかを本当に忘れてしまいそうになることが多い、というよりも1日に1回はそれを考えてしまう。

今の環境を抜け出すためには、爪痕が必要なのは分かっているが、社会に通じるファクターとしてなにもないのが辛い。環境から抜け出すときに、何も持たずに無一文で抜け出すことも考えるが、今の自分にできるのだろうか。

 

 

今回、改めて不毛なことを綴ってしまったことを謝罪したいです。ただ、自分と同じ境遇にいる人、もっと苦しい境遇にいる人になにか伝わることがあれば幸いかなと思います。

あまりにも景色が綺麗すぎる姨捨駅(おばすて)に行ってみた

どうもがつきです。

松本での生活のことについて少し触れましたが、長野県に来たからにはどうしても行きたい場所があったので、先日行ってきました。

 

それは、善光寺

 

かつて学生の頃に日本一周したときに、長野県も訪問しましたが、着いたの夜だったのと、夜間に移動しなければならなかったので、その時は断念。

さらに就職活動の中で長野県に行くことがありましたが、そのときはものすごい人の数で、本堂にお参りするまでに入場規制がかかっている状態で、時間もなかったので、このときも断念していました。

 

そして満を持しての3度目の正直、今回は快晴、平日という最高のコンディションで満足のいくお参りができました。心も清められそうです。

f:id:lala8136:20161021235451j:plain

奥の木々では所々紅葉が始まっており、秋を思わせる旅になりました(松本はそれどころではないぐらい夜は冷え込んでいますけどね)。

 

目次

 

感動の出会いは道中にあった

しかし、今回の旅で一番印象に残っているのは善光寺ではなく、その途中の駅にありました。

JR篠ノ井線 姨捨(おばすて)駅に心を揺さぶられてしまったのです。

駅の情報(姨捨駅):JR東日本

 

姨捨駅は、名古屋・松本方面から長野駅方面に向かう途中にあります。長野駅から7駅ほど離れている駅なんですが、

 

景色がめちゃくちゃきれい!!!!

 

ハードル上げ過ぎとか言いません。なんといっても日本三大車窓と呼ばれるぐらいの駅なのです。その画像がこちら。

 

f:id:lala8136:20161022000920j:plain

いやー、席3つあるけど、カップルなんかで見たら最高ですね(笑)

f:id:lala8136:20161022001049j:plain

長野市内どころかどこまで見えるんだよというぐらいの景色のよさです!

 

f:id:lala8136:20161022001158j:plain

雪の景色も圧巻です!!

 

f:id:lala8136:20161022001243j:plain

こんなとこ連れていかれたら、落ちない女なんていないでしょ!(笑)

 

 

もう車窓からの景色なんてレベルではなく、観光スポットとして認定するべきほどのきれいさでした。今まで、青春18きっぷで400近くの駅を見てきた自分でも、これほどの駅は他にないかなと思います。

行くまでの道中としては、今回名古屋方面から進んだので直前までトンネル地獄でしたが、知らぬ間に標高が上がり、最終的には山の中腹から伸びる線路に沿って、棚田と善光寺平野が広がる景色を一望できるという流れです。

 

電車が後ろ向きに進む!?

姨捨駅で驚いたのは景色だけではありません。なんと電車が後ろ向きに進みだしたのです。一度駅で停車するために通常通り線路を進むと、発車するときにはいきなり後ろに進んでもとの線路をたどり、分岐帯のところで、別の線路に沿って前向きに進みだしました。これをスイッチバックと呼ぶそうです。

 

福岡県の小倉駅香川県高松駅では、電車が来た方向に発車することはありますが、途中の駅で線路を変えて進むというのは初めて見ました。

 

アクセスは悪い、けど行く価値は善光寺以上にあり

善光寺は前回訪問しているだけに感動が薄かったものの、姨捨駅の景色はちょっとこれに匹敵する駅はなかなかないのかなと思います。あるとすれば、愛媛県の東灘駅の海の景色ぐらいかなと(青春18きっぷの写真にも使われている)。

 

経路としても、なかなかのアクセスは良くないかなと思います。

電車利用:最寄駅は篠ノ井線姨捨駅」 長野駅より普通列車で約30分 運賃は片道400円
他にしなの鉄道屋代駅からも千曲市運行のバスがあります。※但し日曜日は運休。

マイカー利用:高速道利用の場合は姨捨スマートインター利用が便利です。(ETC搭載の軽自動車・普通車・二輪車専用 6時~22時)

 

 

 

guide.travel.co.jp

新卒1年目で田舎と都会のどちらも働くことができたこと

f:id:lala8136:20161020193512j:plain

どうもがつきです。随分ご無沙汰してました。

7月から仕事が立て込み、8月にはあとで記述しますが松本に転勤になり、つい最近まで宅建の試験に追われ、ようやく落ち着いた生活を取り戻せました。再来週には東京に戻ることも決定しました。

lala8136.hatenablog.com

就職活動において、「東京で働く」という選択を行った自分にとって、今回の松本への転勤は正直堪えました。しかし、将来的にずっと東京で働くのか、地方で働くという選択肢を選ぶかもしれない自分にとって、ある意味では有意義な経験だったのかもしれません。こればかりは、これからの自分が証明するしかないのかなと思います。

 

目次

 

松本に行くことになったきっかけ

そもそも、松本ってどこ?なにそれ?おいしいの?の段階の人が多いと思うので、一応wikiからですが、説明をば。

松本市 - Wikipedia

観光名所としては国宝の松本城、グルメとしては信州そば(どのお店も美味しいが、いかんせん値段が高い)あと、山賊焼きというチキン南蛮に甘酢とタルタルを外したボリューミーな鶏の揚げ物が有名です。ただ、電車は1時間や30分に1本しかないし、街の中心部から少し離れると、田んぼしかないし、とにかく空がよく見えるw

端的にまとめると「長野県2番目の都市で、地方都市としてはそこそこだが、都会からすると、圧倒的に田舎」という感じです(あくまで、個人的見解です)。

 

松本への転勤が決まったのは、7月の下旬でした。

部長にいきなり呼び出され、

「新卒4人で松本に行ってほしい」

 

もともと自社の会社の物件(あ、不動産の会社です)が松本にあるのは知っていましたし、売れ行きがあまりよくないこと、自分たちが転勤になるかもしれないことも、噂では聞いていました。しかし、実際に言い渡されるとは思っておらず、しかも8月の1日からという急な変更ということもあり、最初は松本で働くことに抵抗ばかり感じていました。

 

松本で働くことで感じたこと

8月に入ってすぐは、本当に早く東京に戻りたいという一心でした。自分だけでなく、同期もそうでした。どんな話をしても、話のオチは「はよ東京に戻れんかな?」の一択。支店への不満、会社の形態にとっての疑惑、個人的モチベーション衰退も重なり、正直ストレスの限界でした。この内容は書き出すと止まらなくなるし、会社に居られなくなる可能性があるので、自粛します(笑)

 

しかし、それでも田舎で働くことの良さとしては、残業することが少ないとは思います。他の会社もすぐ閉めるし、ほとんどの日で定時上がり、もしくは定時前上がりになっていましたww 宅建の勉強もあり、オフの時間は有効活用できると思います。

あともう一つは、「人が本当に優しい」ことです。今回、マンションの販売の営業として、ビラやうちわ配りや一般消費者へのヒアリングも行いましたが、東京の人に比べて、よく配布物をとってくれるし、話も聞いてくれる。もちろんそんな人ばかりではありませんが、警戒心がないのかどうかわかりませんが、本当によく対応してくれます。

 

都会で働くこと

今まで香川・大分で過ごしてきて、4月から東京で働いていますが、いいことは多かったです。常に競争心を駆りたてられ、ライバルや目指すべき目標がいて、闘うフィールドは整っていたのかもしれません。しかし、どこか心の疲労やストレスを癒しきることができず、自分の思いをつい溜め込んでしまい過ぎて、ストレスをぶつけてしまったり、また物価の高さもあり、ついお金を使い過ぎてしまったりと、自分自身うまくいかないモヤモヤした日々が続きました。

 

自分としてどうしていきたいか

働くことに関しての選択の基準は、人によってそれぞれだと思います。仕事内容、一緒に働く人・組織文化、などありますが、正直自分の選択肢の中で欠かすことのできないものとして、場所があるのかなと実感してます。

例えば、実家のある香川もしくはその近くで、家族の困ったときにすぐに支えられるようにしたいんです。

この3か月その思いは強くなりました。より自分らしい生活を送りたい、常に競争意識にさいなまわれるのではなく、自分なりの人生を歩んでいきたいと思いました。

もちろんその選択は人によって様々だと思いますが、限られた人生の時間において、多様性や可能性を広げることは改めて必要なのかなと感じました。

 

 

 

 

らしくないことを綴ってみた

どうもがつきです。

かなりのご無沙汰です。最近なにかと心も時間も身体も落ち着かなくて、ずっと書けてなかったですね。ほぼ1か月半ぐらいぶりです。

 

今日の話はどうにもエッセイ風になりそうなんですが、ご了承ください。。。

f:id:lala8136:20160723235341p:plain

 

あれは特にいつもと変わりのない平日の夜。

朝から小雨の降る心の晴れない空のもと、仕事を終え、電車に乗り込んだ。

東京に来てはや4か月。

毎日仕事や慣れない東京の生活でヘトヘト。

それでも朝晩の通勤ラッシュには慣れ、ほかの人と肩がぶつかっても、なんとも思わない変な抗体はついてきた。

 

その夜もいつも通り、後ろの乗客に押され、駆け込むように電車に乗った。

あまりの乗客の多さに、スマホを取り出すのもやっと。

しかし、私は私の前に立つ男性のスマホに目を奪われた。

 

年は30代ぐらい。私の前に立っていたので、顔はよくわからないけど、頭はちょっと禿散らかしていたかな。背は170ぐらい。なんでもないよくいる普通のモテない男性って感じだった。

 

ちょうど男性の画面はlineを開いていた。

彼女らしき人とのトーク。

「ふーん。こんな人でも大事にしてくれる人いるんだ」

そう思った矢先私の目線はそのモテそうにない男性のスマホに釘付けでした。

 

女:おつかれー

男:おつぽよ~

 

「きもっ。何歳だよこいつ」

 

女:あした午前休ありがとー^^

男:こちらこそ!独身最後の夕食は会社でのチキンカツ弁当でした。

 

いや、知らねーし。お前の最後の晩餐なんかどーでもいいww

 

男:○子は何食べたー?

女:焼きそばと水

 

わろた。

男がこれなら、相手もしゃーねーか。

 

とおもっていたんですが、

よくよく見返すと、

 

女:あした午前休ありがとー^^

男:独身最後の夕食は会社でチキンカツ弁当でした

 

ん?

てことは、明日結婚する?

あしたの午前中に婚姻届出しに行くってこと?

 

リア充かましやがってえええええーーーーーーーーーー!!!!!!!

 

と反逆かましたいところだったんですが、

なぜか自分の中でそんなに怒りがなくて。

むしろ純粋に結婚おめでとうと思えて。

 

そして最近いろいろ悩んで、

なんにもうまくいかない自分の落ち込んだ心に

ささやかな幸せをお裾分けしてもらったような気がして。

 

なぜか憎めなかった。

 

自分の将来の生活はまだ見えないし、不安も多いけど、

なぜか雨雲の空とは対照的に、木漏れ日が差し込んだような気がした。

 

モテそうにない彼は満員電車の波にもまれて

気付いた時には見失っていた。

 

伝えることはできなかったけど、

彼におめでとうと言ってあげたい。

 

社会人2か月の若者が婚活パーティに参加してみた件

どうもがつきです。

f:id:lala8136:20160605232550j:plain

6月。梅雨。ジューンブライド

社会人になってから、九州や香川にいるときには体験できなかったであろうことを最近たくさん迎えているんですが、今回は驚きでした。なんと、婚活パーティに誘われちゃいました。

 

どういう会だったの?

誘われたきっかけは自分が参加していた交流会で名刺交換させていただいた方の一言でした。

「今度ゆっる~い婚活バーベキューあるんですけど、来てみませんか?」

「面白そうですね、参加させてください!」

たったこれだけです。主に来ていた層は20代後半~40代の方まで。割合としては男女比は半々かな。面目としては「ライトな婚活バーベキュー」。場所は都内某所の大きな公園でした。場所がわかりにくいのと、相方の寝坊で2時間あまりの遅刻、かなりのアウェー感を感じながら向かいました。

 

彼女はできません

彼女いるオーラが結構あるらしいが、実際に全く彼女ができない自分にとっては、少なからず彼女候補となる人が現れるか、と一瞬ばかり期待しましたが、

結果は全然でした。

自分がいいと思うよりも相手にされない。そりゃそうですよね、20代後半から40代手前の見る目の肥えたいい女性たちが、自分たちなんかに靡くわけないじゃないですか。

むしろ来てみてわかったんですけど、結構この会は何回も開催されていて、顔なじみの人も多く、今さら感というか、常連ばかりいらっしゃったのが現実でした。

 

人生経験積めました

むしろこれが大きかったです。社会人2か月の新参者にとっては、本当に学ぶことが多かったです。まず、一番大きかったのは、

仕事をできるには早く結婚すること

ということでした。詳しくいうと、男にとって結婚は家族やパートナーを養うということで自分の生き方を決めることにつながります。早く生き方を決めれば、仕事に集中でき、結果的に早く出世ができるということです。

 

まとめ

自分としては、今回収穫大きいかなと思います。たくさん縁をつなげてもらったので、今度は自分が還元していきたいですね。。。

興味ある人はぜひこのボタンを