がつきのzaregoto

九州・大分の16卒の就活生が就活のこと、大学のこと、働くこと、などなどとりとめのないことを綴っていきます。

忙しいあなたにこそラジオが必要な2つの理由

f:id:lala8136:20180217113848j:plain

皆さんはラジオを聞いたことありますか?車の中で聞いたことあるよという人もいれば、radikoダウンロードしてるよという人も増えてきたと思います。

 

しかし日中ラジオを聞いているという人はどれだけいるでしょうか?商店のBGMやタクシー、車の中で聞くぐらいでしょう。

 

私は中学から高校の頃まで欠かさずラジオを聞いていました。大学の頃は家に電波が飛ばず、聞くのを諦めていましたが、東京に来て最近また聴き始めました。

 

ここではラジオを聞くべき理由とおすすめの番組を紹介したいと思います。

 

ポジティブになれる

ラジオは完全に一方方向のコミュニケーションです。パーソナリティ(司会者)はどうしても明るい話題を提供しないと、番組自体も盛り上がりません。結果的にリスナー(視聴者)からの投稿で明るい番組になりがちです。

 

忙しい人でもラジオは聞き流すことも可能です。誰かと話しているときはさすがにラジオを聴くのは難しいですが、何か作業に没頭しているときなどは気分転換も含めて、リフレッシュになるでしょう。

 

悩みの共有

SNSが発達している近年では悩みやストレスを吐き出す場が増えています。しかし、本当の悩みは吐き出すだけでは解決されないことも多いです。

 

ラジオの番組で投稿した際には、パーソナリティやゲストの方が悩みに対して答えてくれます。また番組によっては逆電といって、電話で直接相談に乗ってくれることもあります。人と話し、自分の悩みをアウトプットし、フィードバックを受けることでより早い解決につながるはずです。

 

おすすめの番組

1.SCHOOL OF LOCK

私がラジオを聴き始めて最初に好きになった番組です。月曜から木曜の22~24時で放送しています。番組名にもSCHOOLが入っている通り、学校がモチーフになっている番組で学生をターゲットにしています。

設定もこだわっており、パーソナリティはとーやま校長、あしざわ教頭(という名前)今流行りのアーティストや女優を迎えるコーナーは「○○の授業」、もちろん彼らは番組内では先生と呼ばれています。

細かいところまで学校の設定にこだわっているところも番組の面白さです。

www.tfm.co.jp

 

2.Skyrocket Company

SCHOOL OF LOCKが学生向けの番組であれば、この番組は社会人向けの番組になります。以前、SCHOOL OF LOCKで教頭を勤めていたやしろ教頭がメインパーソナリティとして秘書の浜崎美保さんと番組を進行しています。時間帯も月曜から木曜の17~19時となっており、夕方の疲れ時に放送しています。

もちろん社会人だけでなく、高校生・大学生のリスナーも多く、社会人のリアルを伝える番組内容になっています。ただ、夕方の時間帯は地方局独自の編成番組を放送していることが多く、全国規模ではないのが残念です。

 www.tfm.co.jp

 

3.あ、安部礼司 BEYOND THE AVERAGE

至って平均的なサラリーマンの安部礼司が神保町の大日本ジェネラルという会社で奮闘するフィクション番組です。この番組のポイントは、至って平均的なサラリーマンが主人公の番組が、かれこれ10年以上の長寿番組になっていることです。時間帯も毎週日曜17~18時と日曜の黄昏時の社会人にとっては月曜に向けてノイローゼになる時間帯なのです。

普通で平均的で、ツボな選曲とくせのあるキャラクターとクスッと笑えて、たまに涙、当たり前の生活の難しさと幸せを思い返してくれる番組です。月曜からの仕事が憂鬱だと思う方にこそ、肩の力を抜いてぜひ聞いてもらいたい番組です。

www.tfm.co.jp

 

まとめ

動画通信サービスの発達などでラジオの存在はより一層薄れかけているかと思います。ただ、最近はスマートフォンアプリのradikoなどで気軽に視聴することができます。ぜひ一回聞いてみてはいかがでしょうか。

radiko.jp