読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

がつきのzaregoto

九州・大分の16卒の就活生が就活のこと、大学のこと、働くこと、などなどとりとめのないことを綴っていきます。

新入社員のざれごと③社会人のランチはいと早し!これぞ早飯!

どうも、がつきです。

ゴールデンウィーク近づいてきましたね。

私も今回は、

大学時代の友達に会いに

九州に帰りたかったのですが、

費用とタイミングが合わず断念。。。。

 

夏は必ず行きたい!!!

 

ということを考えていたお昼時でしたが、

いつもはこんなにゆっくりしていません。

 

というより、

社会人になって、

ランチにかける時間が少なくなった気がします。

 

目次

 

出社もランチも自由な私の企業

話は変わりますが、

私はこの春から東京にきました。

 

今までやっていたユニクロの仕事と違い、

オフィスワークです。

今は主に書類整理とデータ入力が中心です。

 

なのですが、

私の企業は給料制度がちょっと違います。

年棒制なのです。

 

つまり、もともとの給料は常に決まっていて、

どれだけ残業しようとも、

給料は変わらないのです。

 

逆に繁忙期となると、

どれほど残業しても構わないという

超絶ブラック状態に陥るのです。

 

私は新入社員になりたてですが、

ほかの部署の手伝いをしています。

急な案件の対応で、

先輩たちは恐ろしいほどの残業をしたはずです。

 

ランチの時間も惜しい…

いつもこんな状態ではありませんが、

基本的に時間制で働くのではなく、

できたかできていないかで決まるので、

お昼もできるだけ仕事がしたいというのが

みんなの本音です。

 

先輩の社員の中には

5分もかけずに昼ごはんが終わるという人もいます。

 

昼ごはんのリズムが崩れた

私は食事にはうるさく、

食べるものはもちろん、

食べる時間も気にするタイプでした。

 

お昼の12時になれば、

お腹は空いてしまいます。

 

ですが、

今働いている企業は

10時から仕事で、12時では

あまりにも早すぎます。

 

また人間の集中力は

昼ご飯を食べる前が一番高いとのデータもあります。

 

結果、

今は14時ぐらいに食べています。

でも、

終わっても仕事まだ半分以上も

残っているんですよね…

 

まとめ

仕事を時間で考えるのは

学生やアルバイトの考え方なのかなと思います。

どうにか、

この考え方を捨てないとですね…