がつきのzaregoto

九州・大分の16卒の就活生が就活のこと、大学のこと、働くこと、などなどとりとめのないことを綴っていきます。

大分の居酒屋は絶対外れがない!?確固たる3つの証拠

 

f:id:lala8136:20160204233334j:plain

大分に住んではや4年。

我ながらいろんなことがありました。

 

最初香川から来た時には

「こんなとこ早く出ていきたいわ~」

て思ってましたが、

卒業が近づいている今では

ちょっと寂しい限りです。

 

そんな私が

「大分いいかも」

と思えた1つの理由に、お酒があります。

 

そして、大分の居酒屋は

本当にいい店ばかりです。

 

■焼酎の種類の多さ

なんといっても焼酎です。

f:id:lala8136:20160206033228j:plain

 

全国的にも有名な二階堂やいいちこ

大分の銘柄です。

風味の豊かさと安さから

様々な人に愛されています。

 

残念ながら私は焼酎があんまり得意ではないので

飲むことは少ないですけど、

日本酒(西の関)やワイン(安心院)など

ほかのお酒も有名なので

飲み会も楽しめています。

 

 

■お酒が飲めない人の為に食べ物も(笑)

でも、

お酒好きじゃない人もいますよね。

安心してください!食べ物ありますよ!(もはや古いw)

 

①鶏肉のオンパレード

なんといっても

鶏肉のバリエーションは日本一でしょう。

それもそのはず、

大分県は鶏肉の消費量日本一だからです。

f:id:lala8136:20160206033039j:plain

これも全国的に有名なから揚げ

聖地と呼ばれる中津や宇佐のから揚げは

鶏肉といえども溢れすぎる肉汁。

絶妙な配合で味付けされた下味。

揚げたてサクサク間違いなしの衣。

その味を引き継ぎどの店でも実現できる。

あー、考えただけでたまりません(笑)

 

というかから揚げなんて

外れはないはずですし、

さらにそれが聖地発となると

もう言うことないでしょう(笑)

 

まだあります。

次はとり天です。

 

大分別府の東洋軒というレストランが

発祥だと言われています。

 

から揚げに比べて、

あっさりとした味わいが特徴です。

から揚げがもも肉なのに対し、

とり天は胸肉、

またそれをポン酢とからしで食べるのが

本場の食べ方です。

 

から揚げはちょっと重たいけど

肉は食べたいなというニーズに

ばっちり応える一品です。

 

そして、

これは大分のではないんですが

延岡のチキン南蛮も居酒屋によく置いています。

f:id:lala8136:20160204222606j:plain

チキン南蛮とは、

鶏肉に衣をつけ揚げ、

甘酢ソースとタルタルソースを

たっぷりかけて食べるものです。

 

写真にもある通り、

宮崎にある延岡の「おぐら」と

「直ちゃん」というお店が有名です。

 

決して大分のものではないですけど

隣の市の名産物ということで

大分でもよく食べられています。

 

から揚げじゃまだ物足りないぜ!!!

という人におすすめです。

 

 

②肉だけじゃない、魚も!

f:id:lala8136:20160204223133j:plain

写真にきれいに盛られているのは

特産物の関サバ関アジです。

 

1匹諭吉レベルの値が付くこともあり、

東京の築地でも高価な食材として

もてはやされています。

 

すべてのお店ではありませんが、

獲れたての鮮度抜群の状態で

大分の一部のお店でも食べることができます。

 

ちなみに私はまだ食べたことがありません。

こっちにいる間に

なにがなんでも食べに行きます(笑)

 

 

■まとめ

いかがでしたか?

 

居酒屋というと、

お酒飲めない人は楽しめないイメージがありますが

大分では鶏肉や魚といったメニューも充実しています。

 

もちろんお酒も美味しいです。

 

私もまだまだ下戸の部類ですが、

残り少ない時間で

大分の居酒屋楽しんできます(笑)