がつきのzaregoto

九州・大分の16卒の就活生が就活のこと、大学のこと、働くこと、などなどとりとめのないことを綴っていきます。

就活という人生ゲームの1マス

こんにちは。

突然ですが、人生ゲームをやったことがありますか?

 

ルールはいたって簡単です。

普通のすごろくなのですが、全員がゴールした時に一番お金を持っていた人の勝ちです。

 

私はこどものころ、

祖父の家にあった人生ゲームでよく遊んでいました。

平成に入って間もない時に作られたものだったので、

ゴール直前のオイルショックで有り金をほとんど持ってかれるのには

いつも手を焼いていました(笑)

 

最近のは全然知らないですけど、

ゲームやアプリにあるぐらいなので、

今でも根強い人気があるんじゃないかと思います。

 

 

 

ところで、私は就職活動を終えたばかりで、

今になっても自分の就職活動について振り返り、

一人でも多くの人の役に立てればと思って、

就活生の手伝いをしています。

 

ふと、私が就職活動を終えてから思ったのが、

自分のやりたいことに固執しすぎたなということです。

 

企業にも都合があるので、

自分の思いが100%伝わらない時もありますが、

必ずどこかで自分のことを待ってくれている企業があるなんていう

ロマンチストな考えを持っていました(笑)

 

でも、実際にはなかなかうまくいかず、

今でも内定先に100%満足できているといえば、嘘になります。

多少なりとも妥協しているところがあります。

 

 

 

 

そんな中でこの前、ふと思いついたことがあります。

「自分の今やっていることは、人生ゲームなんだよな…」

 

人生ゲームで、私はよく最初はいろんな人に狙われないように

持ち金の少ない職業を選んだり、積極的に投資をしてました。

破産することもしばしばです(笑)

 

でも、最後に逆転できるように転職をする、

ほかのプレーヤーに罠をはめるということを積極的にやってました。

 

ゲームの中盤でみんなを追い越し、

終盤で1位になって勝ち逃げをするのが、私の必勝パターンでした(笑)

 

 

 

今やっていることを人生ゲームに置き換えると、

まだ自分たちはスタートに立っているかどうかもわからないような状況です。

職業がやっと決まったかどうかぐらいなんて、

人生ゲームに置き換えるとどんぐりの背比べでしょう。

 

どうしても就職活動をやると、

そればかりにとらわれてしまい、

自分の行きたい企業に行けなかったら、絶望を味わったような気分になると思います。

 

でも、果たしてそれが人生のゴールなのでしょうか?

人生ゲームでは、一応お金持ちになるというのが共通の目的ですが、

リアルの世界はそれだけではないと思います。

 

結婚して、幸せいっぱいの家庭をつくる

自分の趣味をとことん極める

旅行をいっぱいしまくる

はたまた人生ゲームと同じようにお金持ちになるなど

現実世界では、どんな目的を持ってもいいと思います。

 

ただ、目の前のことにとらわれすぎないでください。

仕事、就活、勉強、恋愛、部活、、、

いろんなことで頭を悩ませ、戸惑い悩む人は多いはずです。

 

そんな時にはふと自分に問いかけてみてください。

「自分はどんな人生を送りたいの?どういう人になりたいの?」

 

すると、自然に自分の人生に前向きになると思います。

特に就職活動に悩む学生は、これに真剣にぶつかってください。

中途半端な生き方では、決して人生ゲームで勝てませんよ(笑)

 

今は就職活動というイベントの1マスに止まっているだけです。

 

かくいう私もまだまだなところは多いので、

これ以上は口を慎みたいと思います。

 

 

 

 

あー、なんか人生ゲーム久々にやりたくなってきた(笑)